法則について…法則を使う

法則をうまく使う。というよりも人間は上手に法則を使い、自分たちの生活を向上させてきました。科学の発展はまさに自然界にある法則を使い、自分たちの生活環境を変えてゆくために利用しているわけです。

 

私は科学者ではないですが、法則についていつも、考えています。人間が健康になる法則です。

この法則は、誰でも、どんな人にでも考えられるものです。科学者であろうが、なかろうが法則を見出し使うことは、誰にでもできることです。まだまだ、見つけられていない法則のがあるはずです。それは、科学者だけが見つけるものではないと考えています。

 

酵素玄米を食生活に取り入れて、余計なものを摂らないようにすると体調がよくなります。これも、法則です。なぜ、そうなるのか。それは科学者でなくとも、中学生程度の知識があれば、十分に理解はできます。ただ、理解する以前に「疑問」がないと「理解」に至れません。疑問があってはじめて理解にいたれます。疑問があれば、いろんな情報をつなぎ合わせ、わかるはずです。もし、あなたが病気や試練の中にあるのなら、なぜなのかという疑問を持つことだと思います。

 

 ●現れが先にあり、そして法則が見出される。

 

ジェンナーという人がいました。「牛痘にかかった乳しぼりの女性は、天然痘にかからない」を知り、それを用いて天然痘にかからないようにする「種痘」という方法を見出しました。抗体という法則が見出されて、種痘を生み出したのではないのです。先に現れがあり、その法則性は後になって私たちは知ることになったのです

 

この酵素ご飯もそうです。酵素ご飯を用いた食生活で、快便という現実から腸内環境が整ったことを知ります。そして、酵素ご飯の食生活ほど短期間で血液の清浄化を促すものはないと思います。その話は別のところで述べます。血液の状態と腸内環境は深く関わります。西洋医学にしても、東洋医学にしても血液の清浄化と健康と病気のつながりと深く関係していると考えています。きれいな便はきれいな腸。腸の環境が整うことは健康の大きな条件であることは周知の事実です。

 

このようにいろんなところにいろんな法則あります。私たちは法則に対してあまり興味がありません。興味がないというのも法則かもしれません。たとえば、月に行くロケットを想像しみてください。ロケットが発射されると、まるで直線的にお月さんに向かっているようなイメージを持ちませんか。実はそうではないのです。ロケットは直接に月にゆかず、地球の大気圏を回り月の引力圏にアクセスしその力を利用して月に向かいます。そしてまた月の引力を利用し月を回り、地球の引力にアクセスして帰る。8の字を描いてゆくのです。知らない人にとっては、なるほどと思っていただいたと思います。映画やアニメなどでロケット噴射で、そのまま月に向かってゆくようなイメージがあります。先入観です。じつはそうじゃなかったのですね。そんな感じで、私たちは知らない法則がたくさんあります。それを見せないの先入観と自分のことしか興味がないからです。お金や目先のことしか興味がない私たちがある…これも法則です。

 このように、一番知っているようで知らない法則が「私たち自身」であるということです。