長岡式酵素玄米は医食同源の

「傑作健康法!」


「医食同源」の真意に迫るウエブサイト            講習会の案内はこちら

はじめに

長岡式酵素健康法について

自然への畏敬を見失った私たちは、自分の利益のみを追求することをあたり前としてしまったために、あらゆる情報が宣伝化し、真実を見失わざるえない社会をつくってしまったのだと思います。

「なぜ、こんな病気になるの…?」「どうすればいいのか?」と悩まれている方々に、あきらめずにいていただきたい。そのような方々に「酵素の不思議」をお伝えをしたい、と思いこのウエブサイトを立ち上げました。「まだ、まだ、可能性があります。ご自身の身体潜む自然の力、酵素のシステムによって開かれてゆく体質改善」という道があるのです。そのことをお伝えしたいのです。

 

 

疑問追及の大切さ

 

病原菌などのような手強い異物に対しては薬が必要でしょう。

また、悲しいことに親からの受け継いだ体質からの病気もあります。

緊急な病状もそうです。そのようなときは医療機関にゆかなければなりません。当然、薬も必要です。私は西洋医学も東洋医学も、薬やサプリメントをまったく否定はしませんが、もし、薬を使わないでおられるのなら、そのままでいいかと思います。私は、自然治癒力の真実を知っていただきたいと思うのです。病気になったら医者と薬というイメージはどうかと思います(※薬はよっては血液に悪い影響を与えるものもあります)。

むかし、洋の東西を問わず、心ある医師は食べることにより病気を治すことを最善としてきたようです。究極は、医食同源ではないかと考えています。

多くの方々が西洋医学一辺倒になっているようですが、東洋医学、鍼灸、整体、カイロプラクティックス、断食療養…等々多くあります。病気を契機に多くのことを知る機会かもしれません。常に疑問追及の姿勢をわすれることがなければ、道が開いて行くのではないでしょうか。

 

 

「健康」は、薬を必要としない。

 

食事のあり方と、その人の日々の生き方と深く関連しています。普段、自分自身の感情の起伏をあるがままに知ることは難しいものです。不満や怒り、ストレスは食事にすぐさま反映されます。食べなくてもいいものを食べ、悪い方向へ向かわしめます。不満、ストレスは悲しいことに生きているあいだ、一生ついてまわります。「生き方」「考え方」が、結局は食べ過ぎてしまう、無駄なものを欲しってしまうことがいけないにつながります。そう言うと、病気になったのは、「生き方」「考え方」が悪いのか?と反発されますが、そうではなく、今、その方に「大切な呼びかけ」が訪れていると思っていただきたい。苦しいこと、いやなことは突き放したいものです。無視して通り過ぎたいものです。それを受け止める心の余裕があるなら、病気、それ事態をカオスとして受け止めてゆくことという生き方があります。その事態をどのように受け止めるかによって、開かれる未来が全く変わるのだと思います。暗転、ピンチが変わることがあるようです。

 

 

体験こそが未来を開く

 

そのように言ってもなかなか理解していただけません。そんな方に、長岡式酵素健康法による、酵素体験をしていただきたいです。この体験により、発見、気づきが訪れるはずです。

私たちは先入観のかたまりです。自分の体験をベースにさまざまな推測をして判断しています。推測であって真実でないこともあります。

先入観に亀裂をいれるのは体験です。酵素体験です。酵素体験によって、今までの様々な情報を見直す機会を持つことになるはずです。

 

インターネットがそうであるように、嘘も真も混ざった情報が私たちの生きるこの社会です。そこから真実を取り出すには、成功も失敗も含めた体験が必要です。それを私は広めたいと思っています。

また、社会の歪を修正するにも、私たち一人ひとりの気づきとそのネットワークが必要かと思います。真実のつながりが新しい未来をつくるように思います。

 

情報の真偽を確かめるのは体験です。酵素体験(代謝実感=代謝の力の発現)を知った時に、初めて今までの仕入れていた情報の質を知ることになるでしょう。健康については、まず長岡式酵素玄米による酵素体験から始めてください。決して損はしないです。豊かな実りある人生への第一歩になることでしょう。それが、長岡式酵素健康法です。

 

●減らすことで元気になる不思議

 

私たちにとって食事はなくてはならないものです。
食事ができなくなると、途端に生命の危機です。何も食べずに、どれだけの期間を生きられるでしょうか。また、長期間、少ない食生活だと栄養失調になり、やがて、身体を壊し病気になります。

しかし、不思議なことに適度に食事をぬくことで健康になるのです。それがかなり身体にとって良い効果を生むようです。「断食療法」「絶食」というものがそれなのです。食事をある期間内、摂らずにいることで、人は健康になるのです。なんと、不思議なことでしょうか。

摂らないと生命の危険にさらされるのに、ほどほどに摂らないという食生活がもっとも身体にいいのです。
つまり、身体にとって必要な食事の量があり、多くても、少なくても、健康を損なうという事実です。この真実にどれほどの方が気が付いておられるでしょうか。これは自然界の理法です。この理法を応用しているのが長岡式酵素健康法です。

しかし、この21世紀の日本では、そこそこの食事というのが大変に難しいのです。なぜなら、豊な食卓で食べずに我慢がきるのかということです。美味しいものは、口に運ぶと、どうしても次から次へと止められません。胃袋が満タンになってやっと止まる。腹八分目さえも難しいものです。それに加えてストレス社会です。ストレスの発散には美食やアルコール、タバコ、甘いもの。こってりした油もの。それらを必要以上にたべてしまいます。さらに、グルメ情報がそれに拍車をかけています。

 

生活習慣病は、なるべくしてなっている。それを止めるのは一人一人の自覚であり、外に依存しない自立心(自律心)だと思います。つまり、豊かさが「現代病」を産んでいるのです。

長岡勝弥先生が生み出された長岡式酵素玄米は、本当に不思議なご飯です。酵素の力の不思議と身体の持つ不思議と私たちを取り囲む大自然の不思議、そこに目を開いてゆける傑作健康法なのです。

その説明をし、多くの方に長岡式酵素健康法を広めたいと実践しています。

名古屋の「えにし」さんで
名古屋の「えにし」さんで

自律酵素健康の会 原田高秀
自律酵素健康の会 原田高秀