長岡式酵素玄米は

「医食同源の傑作健康法です!」


「医食同源」の真意に迫るウエブサイト            講習会の案内はこちら

自然界と身体の仕組み

地球。その表面、大陸と海洋にわたる大いなる自然。

植物や動物の個性豊かなつながり。

そこには目に映ることのない微生物に支えられたつながりがあります。

自然界には、まったく孤立するものはなく、存在するものはすべてつながりを抱いています。

私たちはこの事実に目を開いてゆくことが大切かと思います。

 

なぜなら、私たちの日常の生活感覚には、そのつながりが薄く、ほぼ無関心に生きています。

私達は社会の中で生き、自分を中心にものごとを考え、行動しているからなのです。

私達をとりまく社会全体は、大自然と調和する方向に向わず、

自然を破壊してまでも、自分中心の欲望を満たさんとしているのです。

私たち自身が棲みにくい環境に追い込んでいる。

つまり、生物多様性が失われ「種の絶滅」が進んでいるのです。

 

自然から生まれた、生命体であるにも関わらず、その親である自然を破壊していることに

危機感をもっていないのです。

自然破壊の危機は人類への警鐘であることは間違いありません。

自然から逸脱した創造行為…つまり、闘争と破壊は、私たちの目の前の現実にも溢れています。

また、そのような現実は私たちの口に運ぶ食品を蝕みつづけています。

社会全体が経済優先であるために少々の嘘やまがいモノが混じっても良しとなり

食品添加物、遺伝子組み換え、等々の食べ物が蔓延し

口当たりのいい糖分過剰や人工甘味料の食品がすぐに手に入ります。

そして、やがて私たちは病弱になってゆくのです。

 

病気は、私たち一人一人に生き方を変えましょうと呼びかけているのです。

 

私たち日本人の生活は豊かになりました。

ひもじい想いをする人は、かなり少なくなったでしょう。

むしろ、豊であるがゆえに時間をもてあまし無意味なものを食べつづる。

また、人間関係に悩み、その逃避に食べ過ぎたりもします。

食事は、簡単なストレス解消法なのです。

やがて身体へのダメージとなり、習慣が病気を生んでゆきます。

 

自然を見つめること。自然が語りかける「かそけき声」に耳を傾けること。

それが、健康をとりもどす大きなヒントだと考えています。

 

 

「医食同源」こそが、これからの医療のベースとなることは間違いありません。

ぜひ、このホームページを読んで、新しい食生活となる健康人生観、健康世界観を

見出していただきたいと願います。

ー: