長岡式酵素玄米は

「医食同源の傑作健康法です!」


「医食同源」の真意に迫るウエブサイト            講習会の案内はこちら

はじめに

自分の健康は自分で守る。

私たちの社会は、経済優先の社会、利潤の追求、儲けることが自然な社会。お店、会社、私たちは協力して利益を出すことに精を出しています。病院や製薬会社も…社会の役立つ仕事をして、利益を得ます。それがゆき過ぎたりすると、在庫整理のために薬を患者に出したり、高額の治療をすすめたり、必要もないの手術をしたり、薬を必要なようにイメージで操作し、利益を上げたりします。

 

病院や製薬会社は病気や怪我、傷ついた人を助けるためあります。それが、企業の性質もありますので病人は儲ける材料との状況もまちがいなくあります。病院、製薬会社…そこに働く一人一人は善良な人ですが、経済優先となっている現代社会の空気がそのような行動に走らせています。自分自身のお仕事を振り返れば納得しませんか、少々の誇張や省略や隠し事。

 

私たちは、本当に必要な情報を手にして、本当に必要な行為に結んでいるのでしょうか。

 

医療業界も製薬業界も、なんでもかんでも、あらゆる企業が残念なことになっているようです。

心あるお医者さんは少なくなっている中で、私たちは本当の健康を知ってゆかなければなりません。

難しいです。その回答は、マスコミ情報にはほとんどなく、インターネットのような口コミ情報が大きな手掛かりです

●食事は、少な目。「腹八分目医者いらず」です。

●運動は、適度な運動で、身体全体をほぐすストレッチやウオーキング、ランニング。そして、深い呼吸。

●生活信条は、家族や友人との良好な関係と内省的な生活です。問題が起こったときに、協力がいつもある連携です。

これらがあって私たちは本当の幸せと健康に近づくかと考えています。

 

では、してはいけないこととは何か。

 

●食事は、ジャンクフード、インスタント食品、一日三食以上の満腹感。ようするに貪りです。

●運動は、何もしないこと。怠惰。

●生活信条は、自由気ままな自己中心的生き方。それはすぐに愚痴と不満を産み出します。感情の起伏の激しさとなります。また、無気力の状態、怠惰も同じです。

そのような生活態度は人と人との絆を切り、誰も助けてくれませんし、助けを呼ぶこともできない状態をつくります。

●さらに、付け加えるのなら、薬漬けの生活。

クスリも健康補助食品も否定はしませんが、よく吟味することでしょう。

 

まとめ

 

昔から言われている、「腹八分目医者いらず」。これは、真実だったのです。さらに、断食という方法も私たちにとって、お金がかからない身体の調整機能を発動させる方法であると思います。私たちは、食事を簡素にして、身体に優しい自然派の食材にするだけでも体調はかなり変わるのです。その気になればいつでもだれでもできる健康法なのです。

これを私は、「酵素健康法」であると考えています。

食事を摂らないことで、身体の消化酵素を他の不調和な部分へ酵素が使われる方法だからです。実は、私たちの身体はある意味、現代の医療より優れているとも考えられると思います。私たちの身体は自然に修復する力が秘められているのです。その力を侮り、外からの異物である薬を得ることで、よくなると考えがちです。それは真実であるかどうかは、甚だ疑問です。むしろ、何も身体に摂り入れない状態のほうが、身体の健康が維持されるかと思います。理想を言えば、身体に入れるものは必要最小限で抑えておきたいものです。

 

そのために、「長岡式酵素玄米」は、とても優れた食事です。経済的でもあります。

ぜひ、多くの人に知っていただきたいと思います。

講習会をしていますので、ぜひ、ご参加ください。

 

ー: